初心者は見た目から入ろう!ウィンタースポーツのウェア選びガイド

お洒落に始める!ウィンタースポーツのウェア選びガイド

押さえておきたいスノボとスキーの違い

ウィンタースポーツの代表といえばスノボとスキーですね。
歴史的にはスキーの方が圧倒的に長いのですが、最近はスノボ人口の方が多くなっているようです。
これからウィンタースポーツを始めようという方から見ると、板が1本なのか2本なのかだけの差に見えるかもしれませんが(笑)、実は結構な違いがありますのでポイントを押さえておきましょう。

・始めやすさ
スノボの方が簡単です。最初は転びますが、何度かやっているうちにそれなりに滑れるようになります。反対にスキーは滑り始めるまでが難しく、技術も奥深いので競技として楽しみたい人向きです。

・安全性
スキーの方が安全です。それは両足が自由なので、安全な姿勢をとることができるから。スノボは足が固定されていますので、ぶつかりそうになったら転ぶしかありません。

・人気があるのは?
若者に人気があるのはスノボですね。スキーは「若い時にやっていた」たという年配者の人気が根強いようです。

ウェアは同じでいいの?特長は?

スノボとスキーでは板やビンディング(固定具)など装備に違いがあるのはご存知だと思いますが、ウェアには大きな違いがあるようには見えませんね。
少し前までは、細身のスキーウェア、ルーズなスノボウェアと、なんとなく棲み分けられていましたが、最近はスノボウェアが細身になったこともあり、ますます見分けがつかなくなっています。
しかし機能面では大きな違いがありますので、どちらも一緒と思ったら大間違い。ここで特長を押さえておきましょう。

・スノボウェア
上の記事でも述べましたが、スノボは転ぶことが多いため、転んだときに雪が入らないようにする「パウダーガード」がジャケット、パンツどちらにもつけられています。また、スキーウェアに比べてジャケットとパンツの丈が短い傾向にあります。

・スキーウェア
スキーの板はエッジが刃物のように鋭いので、エッジでパンツの裾を切らないために、エッジガードがパンツの内側についています。